2013年8月18日日曜日


名古屋の丸栄デパート『エスパス』での個展風景です。

立体・平面あわせて30点ほど展示しました。画廊の皆様のお力を頂きほぼ完売しました。
初のデパートは今まで発表してきたいわゆる銀座などのお客様とは感じが違いました。
いちがいには言えませんが、デパートは「作品」というより「商品」。
「売る」事においてプロだな。と関心しました。
あと画廊同士の横のつながりも強く、今回は偶然売れたのは分かっているにもかかわらず
来年の2月は京都の大丸での話へと進み、さらに名古屋でも再度きまりました。

画廊の店長の言葉で「毎年繰り返すことにより名古屋に増田泰子ここにあり。となるまで
やりましょう。」・・・驚きました。
今まで売れなかったらポイ!の世界の中で来たものにとって半信半疑ですが
その言葉は少なからずと希望であり、裏切れないという緊張感を与えてもらいました。

猛暑の中、自転車で在宅介護はキツいですが断れない私はさらに利用者が増え、人間の
生死をさまざまな形で経験しています。
今や逝去された方々の言葉をモチーフとして頂き、次の個展の作品をちびちびと
制作しています。

来月、9月23-28日 銀座ギャラリーゴトウで個展をします。

0 件のコメント:

コメントを投稿